1/48 リー・リチャーズ 環状単葉機

by  エイビス
商品解説
プラスチック製 エアクラフトモデル組み立てキット   サイズ表を見る
ウクライナのエイビスから完全新金型商品の 1/48 スケール リー・リチャーズ環状単葉機が発売
1910年にセドリック・リーは環状航空機の特許と実機を購入し、ティルマン・リチャーズと共に環状複葉機を完成させ1911年飛行試験を行いました。
その後環状単葉機の1号機、2号機を経て3号機が1914年に初飛行しました。
ノーム・ラムダ7気筒80馬力空冷ロータリーエンジンを搭載した2人乗りのこの機体は、安定性に優れ操縦しやすい飛行機であると評価されました。
翼を通常の翼より狭い幅で必要な面積を持つ環状にすることで、当時の飛行機では考えられなかった小幅・長胴体レイアウトが可能となりました。

このインジェクションプラスチックキットは環状単葉型の3号機を立体化していて、完成時には全長約147mm、全幅約140mmとなります。

※メーカー都合により入荷予定月と実際の商品仕様が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
組立ガイド
商品コード:
AVS48001
シリーズ:
発売日:
2020年06月
パッケージサイズ:
25.5 x 15.0 x 4.0 cm / 110g
メーカー:

エイビス

この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
の商品
エイビス の商品