1/35 米M19A1・40mm連装対空自走砲・朝鮮戦争

by  ブロンコモデル
商品解説
プラスチック製 軍用車輌モデル 組み立てキット   サイズ表を見る
M3ハーフトラックベースの対空自走砲を運用していた米軍は本格的な対空戦車を要望しました。
新たな軽戦車M24の車体を流用した自走砲が開発されT65E1が制作されました。
エンジンを中央に移し後部に40mm機関砲2門を搭載するオープントップの砲塔を搭載してました。
改良後M19として制式採用され大戦終結までには300両ほどが生産されました。
戦後、補助発電機を搭載し無線機を強化したA1に改造されました。
朝鮮戦争でも使用され日本を始めとして各国でも運用されました。
組立ガイド
商品コード:
BRNCB35148
シリーズ:
発売日:
2019年01月
パッケージサイズ:
未定
メーカー:

ブロンコモデル

この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
の商品
こちらと似た商品