航空ファン 2018年02月号

by  文林堂
商品解説
エアクラフトモデル関連書籍 160 pages.   サイズ表を見る
特集●航空自衛隊第304飛行隊40年の歩み
1977年に第4のファントム飛行隊として九州空域の防空のため福岡県築城基地で発足した第304飛行隊は、現在はF-15飛行隊として活動中だ。
2016年1月には南西空域の緊張に呼応するため、沖縄県の那覇基地に移動、第9航空団の一員として対領空侵犯措置任務に就いているが、その第304飛行隊が創設から40周年を迎えたのを記念して、シンボルマークの天狗の顔を大きく描いた記念塗装機を登場させた。
今月は沖縄の空で新たな「琉球天狗」としての歴史を刻み始めた同隊の現状と歴史、徳永克彦カメラマンによるスペシャルマーキング機の躍動感あふれる空撮をお届けする。
また価格据え置きで折り込みポスターを封入、あわせて40周年記念オリジナルグッズ(パッチ&Tシャツ)の誌上限定販売も行なう。

今月の注目記事
●米海軍CVW-5(第5空母航空団)戦闘機部隊が厚木から岩国への移駐を開始
●ブルーエンジェルズ2017ラストエアショー
●北朝鮮の地上の動きを監視するE-8Cと後継機JSTARS RECAP
●個人の力を結集して74年ぶりに帰還した飛燕
●レッドブル・エアレースチャンピオン室屋義秀の国内活動

注目グラフィック特集
●岐阜、築城、新田原、那覇―各地の晩秋の航空祭と記念塗装機
●ドバイエアショー2017
●バトル・オブ・ブリテン・エアショー
●石塚零戦が全国を訪問飛行

好評連載群
フィーゼラーFi156の検証
レオナール・フジタ(藤田嗣治)とアビエーターたちの出会い
MRJ通信
空夢【ソラユメ】航空界でのチャレンジ
航空救難団活動記録
「写真を磨く」あなたの写真はもっとよくなる
最新中国航空・軍事トピック

※誌上販売について
本誌付属の「専用申し込み用紙」からのお申し込みとなります。

(文林堂 ウェブサイトより)
組立ガイド
商品コード:
BUNMAG1802
シリーズ:
航空ファン
発売日:
2017年12月
パッケージサイズ:
25.6 x 18.2 x 0.6 cm / 380g
メーカー:

文林堂

この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
こちらと似た商品