1/35 M752 自走ミサイルランチャー ランス

by  ドラゴン
商品解説
プラスチック製 軍用車輌モデル 組み立てキット 420 parts.   サイズ表を見る
【実車について】
1973年から1992年にかけて配備されたアメリカの移動式短距離弾道ミサイルシステム、MGM-52ランスを搭載する自走式ランチャーがM752ランスミサイルランチャーです。
ランスミサイルは核弾頭を搭載可能なロケット推進式のミサイルでオネスト・ジョン、サージャントの後継として開発、配備されました。
このランスミサイルシステムを搭載するM752はLTV社が製造。
車体はM113装甲兵員輸送車のバリエーションタイプのひとつ、M548をベースに作られていました。
加えて、ミサイルローダ/輸送車両として、M688も開発され、M752と一緒に運用されたのです。
その能力は1時間に3発のミサイルを発射することが可能とされていました。
1972年に配備されると、アメリカのみならず、ベルギー、ドイツ、イスラエル、イタリアなどでも採用され、550両が生産され、冷戦時代ににらみを利かせたのです。

【モデルについて】
モデルはアメリカ軍が1970年代に開発した自走式ミサイル発射機、M752ランスミサイルランチャーを1/35スケールで再現。
完全新金型で構成されたキットは車両形状のみならず、ミサイル発射装置も詳細に再現。
移動中の状態とミサイル発射時の状態を楽しんでいただくことができます。
そのメカニズムを正確にモデル化したミサイルランチャーは上下可動。
発射状態では車体後部ランプも開いた状態に、また運転席部分も屋根を下げた状態を再現します。
もちろん、ミサイル本体もシャープな仕上がりです。
車体は履帯や転輪の足回りもリアルに再現。
M113との共通点もミリタリーファンには見て取ることができるでしょう。
冷戦時代の迷彩塗装も楽しい、現代車両ファンには見逃せないキットです。
ボルスタッド氏によるミサイル発射の様子を描いたボックスアートも迫力満点です。

■アメリカ軍が1970年代に開発したM752自走ミサイルランチャー ランスを完全新金型で再現
■車両形状のみならず、ミサイル発射装置も詳細に再現
■移動中の状態とミサイル発射時の状態を選択して組み立て可能
■メカニズムを正確にモデル化したミサイルランチャーは上下可動
■発射状態では車体後部ランプも開いた状態に仕上げることが可能
■運転席部分も屋根を下げた状態を再現可能
■車体は履帯や転輪の足回りもリアルに再現
■ボルスタッド氏によるミサイル発射の様子を描いたボックスアートも迫力満点

完成時サイズ:全長 約175mm
組立ガイド
商品コード:
DRA3576
シリーズ:
モダンAFV
発売日:
2017年06月
パッケージサイズ:
38.0 x 24.5 x 8.2 cm / 590g
メーカー:

ドラゴン

この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
こちらと似た商品
ドラゴン の商品