1/35 WW.II ドイツ軍 Sd.Kfz.253 ハーフトラック 軽装甲付観測車

by  ドラゴン
商品解説
プラスチック製 軍用車輌モデル 組み立てキット   サイズ表を見る
【実車について】
前輪にタイヤ、リヤに履帯を装備したハーフトラックをドイツ軍は第二次世界大戦で多数開発、配備しました。
そのひとつ、突撃砲部隊で使用された観測車がSd.Kfz.253です。
1トンハーフトラックの車体をベースに装甲を持った車体を搭載した装甲兵員輸送車Sd.Kfz250の車体上面の開口部分を塞ぎ、クローズド化。
内部に大型の通信機器、Fu15とFu16のほか各種観測機材を搭載していました。
1940年3月から41年の6月まで285両が生産され、突撃砲部隊に配備。
フランス戦から行動をともにし、その後の東部戦線などでも活躍を続けたのです。

【モデルについて】
モデルは突撃砲部隊に配備され行動をともにしたSd.Kfz.253軽装甲観測車を1/35スケールで再現したプラスチックモデル組み立てキットです。
装甲板を複雑に組み合わせて構成された独特なスタイルの車体を全長約13cmで再現。
車体天面のハッチと後部のハッチは別パーツで開閉を選択して組み立て可能。
室内は運転席や大型の無線機など、内側にセットされる装備品も詳細にモデル化され、運転席にはドライバーのフィギュアもセットされます。
また、サスペンションアームも個別にパーツ化され、立体的な足回りは、メカニカルな仕上がり。
くわえて前輪のサスペンションもしっかりと再現されています。
前輪は左右分割、履帯もしっかりと再現。
車体やフェンダーに取り付けられた車載工具なども繊細に表現され、リアリティを高めます。
単体でじっくりと作りこんでみるのはもちろん、各種フィギュアと組み合わせて情景製作、また、Sd.Kfz.250シリーズの各モデルとラインアップを作り揃えてみるのもよいでしょう。
独特な形状はミリタリーファンには見逃せない1台です。

■Sd.Kfz.253軽装甲観測車の独特なスタイルの車体をリアルに再現
■車体天面のハッチと後部のハッチは別パーツで開閉を選択して組み立て可能
■室内は運転席や大型の無線機など、内側にセットされる装備品も詳細にモデル化
■運転席にはドライバーのフィギュアもセット
■サスペンションアームも個別
組立ガイド
商品コード:
DRA6140
シリーズ:
1939-1945シリーズ
発売日:
2016年11月
パッケージサイズ:
38.0 x 24.5 x 6.3 cm / 450g
メーカー:

ドラゴン

在庫あり
残り1個の在庫です。早めの注文を!


希望価格:
¥6,264 (税込)
HLJ価格:
¥5,011 (税込)
値引き:
¥1,252
HLJ
 ポイント:

¥0
この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
1939-1945シリーズ の商品
こちらと似た商品
ドラゴン の商品