1/35 WW.II ドイツ軍 ティーガーI 後期生産型 ヴィットマン ラスト タイガー

by  ドラゴン
商品解説
プラスチック製 軍用車輌モデル 組み立てキット   サイズ表を見る
平成最後の年末到来!
2018年最後の大物を見逃すな!!!
ボルスタット氏描き下ろし!迫力のBOXアートも乞うご期待!!!
さらに!初回限定分のみに特典で『1/35スケール ヴィットマン フィギュア』付属!

【実車について】
ミリタリーファンなら誰もがその名を知るドイツタイガー戦車のエース、ミハエル・ヴィットマン。
1941年6月に始まったバルバロッサ作戦では三号突撃砲の車長として参戦。
敵戦車を撃破して早くもエースの片鱗をうかがわせると、1942年からはタイガーⅠ型を得て戦車長となりいよいよ実力を発揮。
1944年8月8日、4輌のティーガーIで構成されたヴィットマン率いる部隊は戦線に向かう途中で敵戦車に遭遇。
集中砲火を浴びたヴィットマンもクルーとともに戦死を遂げました。
敵戦車撃破数約135輌を記録したヴィットマンが最後に搭乗していたのはもちろんティーガーIの後期型。
ターレットナンバーは007でした。
最大100mmにも達する分厚い装甲を施した車体もシャーマン・ファイアフライをはじめとする敵戦車の砲撃に耐えられなかったのです。

【モデルについて】
モデルは後期生産型のティーガーI型戦車を1/35スケールで再現。
このキットではティーガー・エースのミハエル・ヴィットマンが最後に搭乗していたターレット番号007号車をモデル化しています。
キューポラにセットできるヴィットマンの精悍な姿を表現したフィギュアが初回版のみ日本限定でセットされているのが見逃せません。
もちろん、おなじみのドラゴンスタイルで車両は細部まで詳細に、実感たっぷりに再現。
車体はツェメリットコーティングを施した状態でモデル化されています。
トーションバー式のサスペンションや転輪などのメカニズムも正確に再現。
履帯には組み立ても手軽なベルト式のDSトラックを採用しています。
さらに、車体後部のエンジンデッキのグリルや車載工具などの演出が実感をアップ。
キューポラや砲塔のハッチは開閉選択可能で裏面のディテールもしっかりと表現。
また、スターアンテナなども用意され、ヴィットマンティーガーをしっかりと再現しています。
デカールはヴィットマン最後のティーガー、第101重戦車大隊の007号車のほか、009号車のマークも用意。
ヴィットマンフィギュアもついた最後のティーガーモデルはコレクションにも見逃せないキットです。
キリ番を飾るに相応しいパッケージアートは、もちろんボルスタット氏のイラストです。

完成時サイズ:全長 約315mm

※表示されているパッケージアートには初回限定分フィギュアが描かれていますが、初回限定分がなくなり次第終了となりますので、付属しない場合もございます。予めご了承ください。
組立ガイド
商品コード:
DRA6800
シリーズ:
1939-1945シリーズ
発売日:
2019年01月
パッケージサイズ:
38.2 x 24.6 x 9.0 cm / 880g
メーカー:

ドラゴン

在庫あり
残り1個の在庫です。早めの注文を!


希望価格:
¥9,020 (税込)
HLJ価格:
¥7,216 (税込)
値引き:
¥1,804
HLJ
 ポイント:

¥0
この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
1939-1945シリーズ の商品
こちらと似た商品
ドラゴン の商品