1/72 WW.II ドイツ軍 III号突撃砲 A型

by  ドラゴン
商品解説
プラスチック製 軍用車輌モデル 組み立てキット   サイズ表を見る
【実車について】
第二次世界大戦でドイツ軍が開発したIII号突撃砲の最初の量産タイプがIII号突撃砲Ausf.Aです。
III号突撃砲は歩兵の直接支援車両として1936年に開発がはじめられました。
口径7.5cmの砲を装備することや車体の全高が人の身長を超えないことなどの要求に対応するためIII号戦車の車体に固定式戦闘室を設け、短砲身7.5cm砲を搭載するIII号突撃砲が誕生したのです。
その最初の生産型がAusf.Aで、1940年か1月から5月まで30両が生産されています。
III号戦車F型の車体をベースに前面などの装甲を強化。
密閉式の固定戦闘室に短砲身の24口径7.5cm突撃加農砲を主砲に採用していました。
第二次世界大戦のドイツ軍戦車兵の中で伝説的コマンダーの一人として知られる、ミハエル・ヴィットマンが大戦初期、1941年に発動されたバルバロッサ作戦時に搭乗していたことでも知られているのがIII号突撃砲A型なのです。

【モデルについて】
モデルは第二次世界大戦で活躍したドイツIII号突撃砲の初期生産型、A型を再現した1/72スケールのプラスチックモデル組み立てキットです。
ドラゴンの1/72シリーズからはIII号突撃砲の各タイプがすでにモデル化されていますが、このA型の登場でいっそう充実。
車体上部、戦闘室ルーフパーツは新規パーツでA型の形状を確実に再現しています。
特徴ある低く構えたシャープなスタイルを仕上がり全長約7.5cmで再現。
全高はわずか3cm弱の低さと、モデルでもIII号突撃砲ならではの雰囲気を表現しています。
もちろん形状のみならず、細部のディテールもシャープです。
また、ロードホイール、リターンローラーと履帯は一つの部品として作られ、組み立ても手軽。
加えてスプロケットホイール、アイドラーホイールの詳細な再現が足元を引き締めます。
ミリタリーファンには人気のティーガーエース、ミハエル・ヴィットマンがバルバロッサ作戦で搭乗したタイプだけに見逃せない1台でしょう。

■第二次世界大戦初期、バルバロッサ作戦で活躍したIII号突撃砲A型を1/72スケールで再現
■車体上部、戦闘室ルーフパーツは新規パーツでA型の形状を確実に再現
■車体下部はロードホイール、リターンローラー、履帯などを一体パーツで再現するなど、組み立ても手軽で確実
■スプロケットホイール、アイドラーホイールも詳細に再現

完成時サイズ:全長 約75mm
組立ガイド
商品コード:
DRA7557
シリーズ:
1/72 アーマーPRO
発売日:
2017年12月
パッケージサイズ:
25.8 x 16.4 x 4.0 cm / 100g
メーカー:

ドラゴン

この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
こちらと似た商品
ドラゴン の商品