1/72 WW.II ドイツ軍 III号突撃砲 E型

by  ドラゴン
商品解説
プラスチック製 軍用車輌モデル 組み立てキット   サイズ表を見る
【実車について】
III号戦車の車体を利用し、主砲を固定式の戦闘室に搭載したIII号突撃砲は歩兵の近接戦闘支援を主な目的として生み出されました。
固定戦闘室の突撃砲は生産が容易で、より大型の砲を搭載できることから、各タイプ合わせて終戦までに約1万輌が生産されたのです。
歩兵の近接戦闘支援として計画されたIII突でしたが、重装甲のソビエト軍戦車と戦いを交えることになると緊急的な駆逐戦車としての役割を求められることになり、より強力な長砲身75mm砲を搭載した車両が作られるようになりました。
E型は長砲身砲を搭載する前に最後の短砲身搭載タイプで、24口径7.5cm突撃加農砲StuK37を搭載。
1941年の9月から42年3月までに272両が生産されたとされています。
東部戦線をはじめ各戦線に配備され、歩兵支援はもちろん、対戦車戦闘などにも活躍。
終戦まで奮戦を続けたのです。

【モデルについて】
モデルは最後の短砲身搭載型III号突撃砲、III号突撃砲E型を1/72スケールで再現したプラスチックモデル組み立てキットです。
車体上部は戦闘室やエンジンデッキ、さらに、7.5cm砲に至るまで新規パーツをセットしてより正確な形状をしっかりと再現。
ドラゴンならではのディテール表現も加わって、低く構えたシャープな姿勢を全長約7.5cmの1/72スケールでも雰囲気たっぷりに味わっていただける仕上がりです。
加えて、車体下部はロードホイール、リターンローラー、履帯などを一体パーツで再現するなど、組み立ても手軽で確実。
低く構えた車体と短砲身の7.5cm砲が作り出す、III号突撃砲ならではの雰囲気がよみがえる1台です。
ミニスケールモデルだけに、台数を揃えてダイナミックな情景製作や部隊車両を作り揃えたりするのも楽しいでしょう。

■最後の短砲身搭載型III号突撃砲、III号突撃砲E型を1/72スケールで再現
■車体上部は戦闘室やエンジンデッキ、さらに、7.5cm砲に至るまで新規パーツをセットしてより正確な形状をしっかりと再現
■車体下部はロードホイール、リターンローラー、履帯などを一体パーツで再現するなど、組み立ても手軽で確実
■低く構えたシャープな姿勢を全長約7.5cmの1/72スケールでも雰囲気たっぷりにモデル化

完成時サイズ:全長 約75mm
組立ガイド
商品コード:
DRA7562
シリーズ:
1/72 アーマーPRO
発売日:
2017年10月
パッケージサイズ:
26.0 x 16.3 x 4.0 cm / 100g
メーカー:

ドラゴン

この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
こちらと似た商品
ドラゴン の商品