1/48 F-104Cスターファイター アメリカ空軍

by  ハセガワ
商品解説
プラスチック製 エアクラフトモデル組み立てキット 143 parts. 36.7cm long when completed.  サイズ表を見る
F-104シリーズ戦闘機は世界で初めてマッハ2の壁を破った迎撃戦闘機として知られています。原型のXF-104は1954年2月に初飛行するや、「人間の乗ったミサイル」の異名をとり、1958年5月には2,259km/hの世界最高速を記録し、当時世界で最も速い戦闘機として注目を集めました。

1959年に日本は老朽化の進むF-86セイバーの後継機としてF-104を国産化することを決定しました。これがF-104Jで、F-104Gの部品をもとに組立てられたものが最初の日本版スターファイターです。続いて29機がロッキード社による部品供給を受けてノックダウン生産がされ、1962年5月8日に初飛行を果し、以後は三菱重工業によって生産されました。これとは別に2人乗りの練習機F-104DJが20機アメリカから輸入されました。

日本では憲法によって攻撃性の兵器の所有が禁止されているためF-104JはAIM-9サイドワインダーミサイルと翼下に燃料タンクを装備し、迎撃用戦闘機として使用されました。また、エンジンや武装も国産化がはかられ、J-79エンジンは石川島播磨重工業、JM-61バルカン砲は日特金属工業によってそれぞれ生産されました。

F-104Jスターファイターは合計210機が生産され、1980年代中頃まで日本の防空任務に就きました。岐阜において保管されていた一部の機体は無線操縦用に改造されて飛行していました。

<データ>
乗員:1、全長:16.69m、(除ピトー管)、全高:4.1m、全幅:6.68m (翼端燃料タンク無しの場合)、翼面積:18.22m2、自重:8,387kg、全備重量:13,054kg、エンジン:J-79-IHI-11A、推力:4,549kg (アフターバーナー使用時7,170kg)、最大速度:マッハ2.2 (高度11,000m)、着陸速度:278km/h、最大上昇率:海面基準で15,200m/min、実用上昇限度:18,300m、航続距離:2,220km、固定武装:JM-61バルカン砲X1

(ハセガワ ウェブサイトより)

ハセガワジェット機でも傑作と評判が高い F-104。
現在はハセガワ本社屋上に鎮座しています。

最近の、高性能シルバー塗料やメタルシールなど素材の充実に合わせて
作ってみてはどうでしょうか。
組立ガイド
商品コード:
HSGPT19
シリーズ:
PT シリーズ
発売日:
2000年08月
パッケージサイズ:
36.0 x 19.0 x 7.0 cm / 370g
メーカー:

ハセガワ

この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
こちらと似た商品
ハセガワ の商品