1/72 日・九四式軽装甲車前期型

by  IBG
商品解説
プラスチック製 軍用車輌モデル 組み立てキット   サイズ表を見る
第一次大戦後の軍縮期に開発されたイギリスのガーデンロイド機銃運搬車はその低コストが注目され世界各国で同様の小型装軌車が作られました。
日本でも1931年にガーデンロイドを輸入し評価試験が行われ独自の装軌装甲車が開発されることになりました。
基本は前線に弾薬などを補充する装甲車として開発されていましたが自衛用の機銃を砲塔形式に搭載したことで運用の柔軟性が増し豆戦車としての運用も想定されました。
実際に前線では歩兵部隊支援の豆戦車として大いに活用され評価を高めました。
1935年から1940年までに800両以上が生産され広く運用されました。

・キャタピラと転輪などを一体化して組み立て易くした足回り。
・砲塔・車体の本体はスライド型で一体化。
・機銃は砲塔内の尾部も再現。
・水平スプリングサスペンションは別パーツで再現。
・エッチングパーツは排気管カバーやフェンダーステーなど。
組立ガイド
商品コード:
IBGPB72043
シリーズ:
発売日:
2018年04月
パッケージサイズ:
25.0 x 16.6 x 5.2 cm / 110g
メーカー:

IBG

在庫あり
残り1個の在庫です。早めの注文を!


希望価格:
¥2,200 (税込)
HLJ価格:
¥1,760 (税込)
値引き:
¥440
HLJ
 ポイント:

¥0
この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
の商品
こちらと似た商品