1/56 WW.IIドイツ軍 Sd.Kfz.182 (ヘンシェル/ポルシェ砲塔) w/ツィメリットコーティング

by  イタレリ
商品解説
プラスチック製 軍用車輌モデル 組み立てキット   サイズ表を見る
【実車について】
高い威力を誇った戦車砲、88mm砲を主砲に搭載した重戦車キングタイガーは第二次世界大戦中の1943年に完成、1944年から実戦配備が開始されました。
タイガーI型よりも長砲身の71口径88mm戦車砲KwK43を主砲に採用。
その威力は連合軍を恐れさせたのです。
当初、ポルシェ博士がデザインした砲塔が採用されましたが、ショットトラップの問題が指摘され、量産51台目からはヘンシェル社のデザインした砲塔が採用されることになりました。
このヘンシェル砲塔タイプが終戦まで生産されたのです。
長砲身88mm砲の威力に加えて、砲塔の前面装甲180mm、車体の最大装甲150mmにも達する防御力は連合軍のどんな対戦車砲も受け付けない強力なものでした。
ヘンシェル社によって終戦までに生産されたキングタイガーは500両に満たない数でしたが、西部戦線、東部戦線に配備されたキングタイガーは連合軍を圧倒する威力を示したのです。

【モデルについて】
仕上がり全長約18cmの手頃なサイズで楽しめる1/56スケールで第二次大戦のドイツ重戦車キングタイガーを再現したプラスチックモデル組み立てキットです。
モデルはヘンシェル砲塔タイプと初期のポルシェ砲塔搭載タイプ選んで組み立てられます。
それでもパーツ点数は約80点と抑えた構成で組み立て易さも特徴です。
中でも車体下部の千鳥配列の転輪部分は車体下部左右側面パーツに一体で再現。
履帯も部分連結の組み立て式を採用して組み立てやすく、もちろん仕上がりのリアリティも十分に再現して
います。
砲塔はヘンシェルタイプとポルシェタイプのどちらか選択して組み立て可能。
コマンダーズハッチは別パーツで戦車兵の上半身フィギュア1体もセット。
傾斜装甲を採用した車体上部は一体パーツ。
後部のエンジンデッキなどもシャープな彫刻表現で立体感あふれる仕上がりです。
また、マーキングは4種を用意。
ヘンシェル砲塔タイプで第503重戦車大隊と第501重戦車大隊配備の車両のマーキングを、ポルシェ砲塔タイプで同じく第503重戦車大隊と1944年8月のノルマンディで活躍した第316(fkl.)戦車中隊所属
組立ガイド
商品コード:
ITA15765
シリーズ:
発売日:
2018年05月
パッケージサイズ:
29.1 x 19.1 x 4.6 cm / 230g
メーカー:

イタレリ

在庫あり
残り2個の在庫です。早めの注文を!


希望価格:
¥3,888 (税込)
HLJ価格:
¥3,110 (税込)
値引き:
¥777
HLJ
 ポイント:

¥0
この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
の商品
イタレリ の商品