ART MASTER 3D エヴァンゲリオン初号機 松村しのぶVer.

by  海洋堂
商品解説
SF/アニメキャラクター(完成品・固定ポーズ)   サイズ表を見る
圧倒的造形センスで仕上げた初号機を圧倒的サイズで表現した最高峰立体彫像!!

・生物造形の最高峰作家が手掛けたエヴァ初号機の巨大彫像!!
動物造形作家として世界的に知られる松村しのぶの傑作、エヴァンゲリオン初号機のオリジナル原型を3Dスキャン後に880mmサイズへ拡大することを前提として、全体的なバランスやポーズの変更を施してリファイン。
サイズアップしたことに伴う細部ディテールの追加加工は松村自身が行っています。

・各所に散りばめられた生物的アレンジとメカニカル表現
各所に散りばめ生産工程に3Dプリントを取り入れたことで、繊細な表現がマスプロダクトで可能とした『ART MASTER 3D』シリーズの最新作。
3Dプリントパーツには経年による耐久テストをクリアしたUVカットコーティング済み。

・超巨大サイズなのに省スペース
頭頂部で80cm、肩部頂点で88cmもある特大サイズのスタチューですが、第4の使徒をモチーフとしたベース部分は、海外の大型スタチューに顕著に見られるようないたずらに大きいものではなく、松村しのぶの圧倒的センスにより情報量を削ぐことなく、ギリギリまで切り詰められた表現で成立させています。
頭頂部で全高80cm、肩の頂点で約90cmの大型スタチューですが、一般的なカラーボックスの上で展示スペースは成り立ちます。

【サイズ】全高約880mm

【商品仕様】グラスファイバー+SLA+ポリレジン+マグネット
【原型製作】松村しのぶ

(C)カラー

-----

【製品概要】
エヴァンゲリオン初号機 松村しのぶVer
通称「松村エヴァ」とは?

この造形作品が誕生したのは『新世紀エヴァンゲリオン』のテレビ放映中(1995~1996年)で、海洋堂はいち早くガレージキット化に動いただけでなく、当時における海洋堂のメイン造形作家をフル導入しました。

海洋堂を代表する造形作家、松村しのぶが製作したエヴァンゲリオン初号機(通称:松村初号機)は、自身が得意とする生物感溢れるアレンジを大幅に加えたこともさることながら、特筆すべきは「ひとつの作品の中で独自の世界観を表現する構成能力の高さが前代未聞レベルであった」ことでした。

それまでの松村の造形作家としての一般ホビーユーザーからの評価は、単に「動物の造形を得意とする作家」でした(もちろん、生物学に精通している方々からは、その異常に高い造形能力を正当に評価されていましたが)。

ただし、この松村エヴァは、松村が生物造形に関わらず、想像力、デッサン力、造形に対する再構成能力のすべてが断然高い、類い希な真の造形作家であることを図らずも示してしまった作品なのです。
端的な例としては、とあるクリーチャー系造形を得意とする著名造形作家は、エヴァンゲリオンを題材にできない理由に「あれ以上の作品を生み出す自信がない」と松村エヴァを称えます。
当時における日本の造形カルチャーを震撼させたあの衝撃を、今度はワールドワイドを意識して発信したく、この作品をブラッシュアップし新たな商品としてリリースします。

松村エヴァの造形的な魅力を完璧に引き出す サイズアップ&ディテールのブラッシュアップ
・オリジナルの原型サイズは全高約300mm。
これは製作当時にガレージキットで販売するための都合に合わせたものです。
しかし実際に仕上がった作品の密度は確実にそれ以上のものでした。
その根拠は写真で撮った際に実際のサイズよりも大きく感じるといった部分に現れています。

・そこで作品が本来持っている魅力を適切なサイズで現すにはどれ位の大きさが良いか?を考察したところ、頭頂部での全高約800mm以上は必要という判断に至りました。

・元の原型を3Dスキャナに掛けて、サイズアップ。
拡大により甘くなりがちな細部ディテールのブラッシュアップを松村しのぶ自身が施し、解像度をリアルサイズ(80cm)に合わせました。
組立ガイド
商品コード:
KYD95001
シリーズ:
新世紀エヴァンゲリオン
発売日:
パッケージサイズ:
未定
メーカー:

海洋堂

2020年5月発売予定


希望価格:
¥151,800 (税込)
HLJ価格:
¥144,210 (税込)
値引き:
¥7,590
HLJ
 ポイント:

¥0
この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
こちらと似た商品
海洋堂 の商品