1/48 WWII ドイツ軍 ユンカース JU87 スツーカ & メッサーシュミットME262 バリューセット

by  リンドバーグ
商品解説
プラスチック製 エアクラフトモデル組み立てキット   サイズ表を見る
【実機について】
第二次大戦でドイツ軍が使用した急降下爆撃機として知られているのがユンカースのJU87です。
1937年から生産がはじめられ、スペイン内戦に参加。
第二次大戦開始とともに機甲師団と連携した地上攻撃で多くの戦果を挙げました。
北アフリカ戦線から東部戦線に至るまで、各戦線で終戦までドイツ空軍の主力として活躍を続けたのです。
第二次大戦末期にドイツが実戦配備したのが世界初の実用ジェット戦闘機として知られるメッサーシュミットのME262です。
1943年に初飛行に成功するとジェットエンジンの高速性能を生かして押し寄せる連合軍爆撃機の迎撃に終戦まで奮戦。
また、戦後はその技術がジェット時代を切り開くことになったのです。

【モデルについて】
モデルは1/48スケールで第二次大戦のドイツ軍戦闘機、ユンカースJU87スツーカとメッサーシュミットME262の2機をモデル化したプラスチックモデル組み立てキットのセットです。
このキットは1950年代にリリースされていたビンテージキットを再リリースするものです。
最新のモデルにはない古典キットの味わいと、当時の雰囲気あふれるボックスアートをお楽しみいただけます。
急降下爆撃機JU87スツーカの特徴あるガルウイング形状の主翼やME262に採用された後退翼形状など、機体の特徴はリアルにモデル化。
コクピット、エンジンドアはヒンジで開閉。
また、ME262の脚は引き込みも可能です。
さらに、パイロットとクルーのフィギュアも用意されています。
もちろんマーキングもデカールで用意。
飛行機模型ファンにはもちろん、ビンテージキットファンにもこの機会にぜひ手にしていただきたいキットです。

■第二次世界大戦でドイツ軍が開発、運用した戦闘機、ユンカースJU87スツーカとメッサーシュミットME262をそれぞれ1/48スケールで再現
■急降下爆撃機JU87スツーカの特徴あるガルウイング形状の主翼やME262に採用された後退翼形状などリアルにモデル化
■コクピット、エンジンドアはヒンジで開閉可能
■ME262の脚は引き込みも可能
■パイロットとクルーのフィギュアも用意
■マーキングもデカールでセット
組立ガイド
商品コード:
LNDHL508
シリーズ:
発売日:
2018年02月
パッケージサイズ:
未定
メーカー:

リンドバーグ

在庫あり
通常3〜5日でお取り寄せとなります


希望価格:
¥5,184 (税込)
HLJ価格:
¥4,147 (税込)
値引き:
¥1,036
HLJ
 ポイント:

¥0
この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
の商品
こちらと似た商品