朝鮮戦争航空戦のエース

by  大日本絵画
商品解説
エアクラフトモデル関連書籍 112 pages.   サイズ表を見る
史上初のジェット機同士の空中戦が行われた朝鮮戦争。プロペラ機とジェット機が入り乱れて始まった初期の戦いでは、
国連軍が航空戦での優位を保ったが、それはミグ戦闘機の登場で大きく様変わりした。
国連軍の中核を成していたアメリカは、国内に配備していたF-86を前線へ急遽派遣。北の戦場へと出撃した米陸軍と海軍、
そして海兵隊のパイロットたちは獰猛なMig-15の攻撃と対空放火の恐怖に耐えながら空中戦闘、地上攻撃、爆撃と困難な任務をこなしていった。
なかでもセイバーのパイロットたちは、圧倒的に不利な状況ながら、優秀な指揮官の下で訓練を重ね、
次第にMig-15を圧倒してゆくようになる。
鴨緑江の北側すなわち中国領の基地から迎撃に飛び立つ Mig-15はセイバーと、
当時「ミグ通り」と呼ばれた空域でたがいの技量を駆使して、苛烈な空中戦を繰り広げていった。

(大日本絵画 ウェブサイトより)

こちらの商品はブログでレビューしていますのであわせてご覧ください。
組立ガイド
商品コード:
MDGOSA38
シリーズ:
オスプレイ軍用機
発売日:
2010年01月
パッケージサイズ:
24.9 x 18.6 x 0.7 cm / 330g
メーカー:

大日本絵画

この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
大日本絵画 の商品