1/35 ドイツ PzH2000自走砲

by  MENG
商品解説
プラスチック製 軍用車輌モデル 組み立てキット   サイズ表を見る
第二次世界大戦中にドイツは一番多くの自走火砲を開発し装備した国であり、よく知られていた「フンメル」と「グリーレ」もその代表としていました。戦後、ドイツはますます厳しくなった世界の勢いに対して、新たな自走火砲を開発し続けました。20世紀90年代、Panzerhaubitze2000(PzH2000)自走榴弾砲が登場してから世界各国の開発する新世代自走榴弾砲の代表になりました。
PzH2000は全長11.69m、全幅3.54m、戦闘重量55.8t。主力戦車レオパルト1及びレオパルト2のコンポーネントを多く流用、MTUMT881エンジンを装備、機動性に優れます。ラインメタル社製の52口径155mm火砲、先端的な照準器と火器管制装置を搭載。砲弾60発を収容、車体内にU字型で垂直に並びます。自動装填装置によって、自動弾薬データ管理可能、高い発射速度を実現します。強大な作戦能力、機動性と防護力で世界最も先端的な自走火砲の一つになります。1998年にドイツ陸軍に配備され、それからイタリア、オランダ、ギリシア陸軍に就役したことがあります。

PzH2000は現代ドイツ軍のプライドとして、堂々たる形と強力な作戦能力でたくさんのモデルファンに好まれます。MENGは長い間に資料を集め、整理し、分析してから、TS-012 1/35スケールのドイツPanzerhaubitze2000自走榴弾砲のプラモデル組立てキットを作りました。実車のフォルムを忠実に再現、全長339mm、全幅102mm、砲身を上げる高さが300mmに近い。独特な姿でコレクションホビーとして特別な存在になります。操縦手と乗員用ハッチは開閉状態を選択可能。サスペンションは可動で実感たっぷり。可動式履帯は接着剤不要で、作りやすい。金属の砲身は便利でリアル感を高めます。五種類の塗装仕様。
このプラモデルキットの魅力を楽しみましょう。

(MENG ウェブサイトより)
組立ガイド
商品コード:
MENTS-012
シリーズ:
発売日:
2014年08月
パッケージサイズ:
39.0 x 24.7 x 8.1 cm / 900g
メーカー:

MENG

この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
の商品
こちらと似た商品
MENG の商品