1/72 カリーニン K-7

by  ミクロミル
商品解説
プラスチック製 / エアクラフトモデル組み立てキット   サイズ表を見る
ミクロミルから完全新金型キット 1/72 カリーニンK-7が発売

K-7は、1930年代のソ連のカリーニン設計局で試作された大型爆撃機・民間旅客機です。
民間輸送機と運用する際は翼幅53m、厚さ2.33mの巨大な主翼の中に120人の乗客を乗せるという計画でした。
機体は2本のブームで支えられた尾翼をもち、重量を支えるために巨大な4軸の車輪からなる降着装置を備えていました。
当初700馬力級の水冷エンジン6発を搭載する設計で開発がスタートしましたが、出力不足のため7個目のエンジンが推進用として翼の中央後方に追加されました。
1930年から設計が始められ1933年7月にタキシング試験が実施、テストでは振動に苦しめられましたが1933年8月に初飛行しました。
ですが同年11月の飛行中に尾翼ブームが破損し墜落、15人の乗員が死亡しました。
その後2機の製作が始まりましたが1935年に計画は中止され、設計者のコンスタンティン・カリーニンが大粛清の犠牲となり1938年に逮捕・処刑されたのに伴い設計局も閉鎖されました。

キットは22枚のランナーの他に、FRPの主翼とエッチングパーツ、塗装マスクシールと1種類のデカールが付属しています。
完成時には全長約389mm、全幅約736mmとなります。

実機諸元:
・乗員/乗客:11人/120人
・全長:28m
・全幅:53m
・空虚重量:24,400kg
・離陸重量:38,000 kg
・エンジン:水冷V型12気筒M-34f(750 hp) x 7
・最高速度:234km/h
・武装:7.62mm機銃 x 6
・爆弾搭載量: 9,000 kg

※メーカー都合により入荷予定月と実際の商品仕様が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
組立ガイド
商品コード:
MKR72-015
シリーズ:
発売日:
2020年07月
パッケージサイズ:
75.2 x 25.5 x 10.4 cm / 1170g
メーカー:

ミクロミル

この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
の商品
こちらと似た商品
ミクロミル の商品