1/48 プラン9・フロム・アウタースペース 空飛ぶ円盤

by  ポーラライツ
商品解説
プラスチック製 SF/アニメキャラクター組み立てキット   サイズ表を見る
"怪作"に登場する空飛ぶ円盤が登場!
飛行状態で展示可能なディスプレイスタンド付属!!

【映画について】
プラン9・フロム・アウタースペースは1959年にアメリカで制作されたモノクロの映画です。
円盤に乗って地球にやってきた宇宙人が人類に戦争をやめるように忠告するがそれに応じない人類に対してプラン9、第9計画という死者を蘇らせてゾンビとして操る計画を実行。
人類と宇宙人の戦いも繰り広げられます。
映画の制作者はその制作した作品すべてが全くと言っていいほどヒットすることなく終わり、"史上最低の映画監督"とも呼ばれたエド・ウッド。
その代表作でもあるこの映画も低予算で作られたSFホラー映画で、その評価は"史上最低の映画"と呼ばれるなど、怪作として知られます。
しかしながらそれでも映画を作り続けた情熱が評価されたり、ティム・バートンが1994年にエド・ウッドを題材にした映画を制作するなどで注目を浴びているのです。

【モデルについて】
モデルはその"史上最低の映画監督"、エド・ウッドの代表作「プラン9・フロム・アウタースペース」に登場する空飛ぶ円盤を映画の設定そのままに1/48スケールで再現したプラスチックモデル組み立てキットです。
パーツ点数は10点。
円盤中心のドームは透明部品も用意。
選んで組み立て可能です。
透明パーツを使用した場合には操縦するエイリアンフィギュアもセット。
さらに、円盤船体の上部に取り付けられるロケット型のパーツなどもオプションでセットされているのが楽しみです。
もちろん、完成後の円盤を飛行状態で展示する専用のディスプレイスタンドも用意されています。
映画ファンにもSFファンにもぜひ手にしていただきたいキットです。

■通称"史上最低の映画監督"、エド・ウッドの代表作「プラン9・フロム・アウタースペース」に登場する空飛ぶ円盤を映画の設定そのままに1/48スケールで再現
■パーツ点数:10点
■円盤中心のドームは透明部品も用意され、選択して組立可能
■透明パーツを選択した場合には操縦するエイリアンのフィギュアが見える作り
■円盤船体の上部に取り付けられるロケット型のパーツなどもオプションでセット
■完成後の円盤を飛行状態で展示する専用のディスプレイスタンドも用意
組立ガイド
商品コード:
POL970
シリーズ:
発売日:
パッケージサイズ:
未定
メーカー:

ポーラライツ

オーダーストップ

この商品は7月30日ごろ発売予定です。
発売時に在庫の余裕があれば再び受注を致します。
ご了承ください。


希望価格:
¥5,616 (税込)
HLJ価格:
¥4,492 (税込)
値引き:
¥1,123
HLJ
 ポイント:

¥0
 
この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
の商品