1/35 WW.II ドイツ軍 28cm 列車砲K5(E) "レオポルド"

by  ドラゴン
商品解説
プラスチック製組み立てキット / 大砲・銃 等   サイズ表を見る
2003年に発売された、超大型モデルです。
巨大プラモデルとしては、後に1/6戦車なども登場しましたが、当時としては、
同じく大型モデルの「1/35カール」でもドラゴンとトランペッターがバッティングするなど、
勢いがある中国系ミリタリーモデル大型モデル開発のピークとなっていました。

キットは、必要以上の細かいパーツ分割はなく、比較的作りやすいものになっています。
問題は作業中と完成後の場所確保です・・・
-----
(↓プラッツ 2017/08/22 の商品案内からの情報となります。)

【実車について】
第二次世界大戦でドイツ軍が運用した列車砲クルップK5の中の一両がレオポルドです。
列車砲、クルップK5は1934年から45年にかけてクルップ社によって25両が製造されました。
口径28cmの巨大な砲は砲身長が21.5mにも達し、最大射程距離は64kmにもおよんだといわれています。
砲身は列車移動を考えて設計され、2台のボギー台車間に跨って取り付けられたゴンドラに搭載。
ヨーロッパの鉄道網を利用して各地に配備され運用されたのです。
1944年の2月にはロベルトとレオポルドと命名された2両がイタリアへと送られました。
そして、イタリアのアンツィオに上陸を開始した連合軍に対してその砲門を開いたのです。
その巨大な砲弾は連合軍が築いた橋頭堡を粉砕。
作戦に従事していた連合軍兵士を驚かせたのです。
その後、1944年6月、この2両は連合軍によって鹵獲され、アメリカに運ばれて修復。
博物館に展示され、多くの人の目にその姿を焼き付けることになったのです。

【モデルについて】
モデルは第二次大戦でドイツ軍が運用した巨大な列車砲、クルップK5の中の1両、レオポルドを1/35スケールで再現したプラスチックモデル組み立てキットです。
ドラゴンの大型モデルとして2003年に発売され話題を集めた1台で、しばらく生産されていなかったキットを久しぶりに再リリース。
ミリタリーファンには見逃せないキットです。
パーツ点数は700点を越え、仕上がりの全長は約95cm、幅約12cmに
組立ガイド
商品コード:
DRA6200
シリーズ:
1939-1945シリーズ
発売日:
2003年07月
パッケージサイズ:
69.5 x 44.0 x 13.0 cm / 4240g
メーカー:

ドラゴン

在庫あり
残り1個の在庫です。早めの注文を!


希望価格:
¥13,824 (税込)
HLJ価格:
¥11,059 (税込)
値引き:
¥2,764
HLJ
 ポイント:

¥0
この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
1939-1945シリーズ の商品
こちらと似た商品
ドラゴン の商品