1/35 WW.II ドイツ軍 Sd.Kfz.250/9 Ausf.A 2cm砲搭載 装甲偵察車

by  ドラゴン
商品解説
プラスチック製 軍用車輌モデル 組み立てキット   サイズ表を見る
2cm機関砲を装備したSd.Kfz.250/9装甲偵察車を新金型パーツを多数追加しリアルにモデル化!

【実車について】
ドイツ軍は第二次世界大戦で兵力の機動力を高めるためハーフトラックも多数開発しました。
その中で1tハーフトラックをベースに軽装甲のボディを装備して仕上げられたのがSd.Kfz.250装甲兵員輸送車です。
1941年から生産がはじめられ、車体形状を簡略化して生産性を高めたタイプが1943年から終戦に至るまで生産されました。
Sd.kfz250は兵員輸送車として開発されましたが、ハーフトラックとしての機動力を生かして数多くのバリエーションタイプが作られています。
その一つが車体上部にSd.Kfz.222装甲車と同じ砲塔を搭載し、主砲には2cm KwK30機関砲、あるいはKwK38機関砲を装備したSd.Kfz.250/9です。
その後、新型車体を使用したB型では砲塔もより大型のSd.Kfz.234/1などに搭載されていたものと同じタイプが使用されました。
東部戦線を手始めに各戦線に投入された250/9はその高い機動力も加わって前線での評価も高く、Sd.Kfz222の後を受けて終戦まで各地で活躍を続けたのです。

【モデルについて】
モデルは第二次大戦でドイツ軍が開発したSd.Kfz.250/9装甲偵察車を再現したプラスチックモデル組み立てキットです。
スケールは1/35。
車体は初期生産型のA型をモデル化。
砲塔は内部に搭載される2cm機関砲KwK38をはじめ、7.92mm機関銃MG34以外の全てのパーツを金型で正確に再現。
さらに、ターレットのバスケットや装備される通信機FuG12も新規パーツをセット。
オープントップの砲塔トップのメッシュには繊細なエッチングパーツを用意して形状とメカニズム、ディテールを余すところなく表現。
小さいながらもターレットの再現は作りごたえも十分。
キットの見所です。
合わせて、車体上部パーツも大幅に改修。
その独特な形状をしっかりとモデル化しています。
また、フロントのエンジンルームにはエンジンをフルディテールで再現。
車体下部もサスペンシ
組立ガイド
商品コード:
DRA6882
シリーズ:
1939-1945シリーズ
発売日:
2018年05月
パッケージサイズ:
38.0 x 24.5 x 7.2 cm / 500g
メーカー:

ドラゴン

この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
1939-1945シリーズ の商品
こちらと似た商品
ドラゴン の商品