1/25 タイガー・シャーク・ショーロッド

by  MPC
商品解説
プラスチック製 / カーモデル組み立てキット   サイズ表を見る
【実車について】
1967年に開催されたカスタムカーの祭典、オートラマで展示されたのがタイガー・シャーク・ショーロッドです。
1961年にカークラフト・マガジンのスタッフによって設計されたカークラフト・ドリームロッドというカスタムカーをベースに作られていました。
カークラフト・マガジンの1961年10月号に最初のドローイングが掲載されたのち、アメリカのカスタムカーファンにその名を知られるカスタムカービルダーのBill Cushenberyの協力も得て、実車へと形作られました。
オリジナルで制作されたフレームに1960年型のポンティアックからドアやフェンダーを、1953年型のスチュードベイカーからウインドシールドやルーフを使用するなど、さまざまな車のパーツを組み合わせながらユニークな左右非対称のスタイルを作り出していました。
そして、1966年にカークラフト・ドリームロッドは売却され、それをベースにカスタマイズされたのがタイガー・シャーク・ショーロッドです。
フードスクープがくわえられたほか、サイドルーフ・スクープは閉じられ、トランクリッドは排除、リヤは6インチ伸ばされ、フロントタイヤはカバーされるなど、細かなモディファイが施されていました。
67年のオートラマではその姿に高い人気が集まったのです。

【モデルについて】
モデルは1967年のオートラマで展示されたカスタムカー、タイガー・シャーク・ショーロッドを1/25スケールで再現。
エンジン、シャシー、サスペンションなど、フルディテールでモデル化されたプラスチックモデル組み立てキットです。
モデルでも左右非対称のデザインが施されたボディは見どころ。
もちろん、正確にそのデザインを再現しています。
加えて近未来的なコクピットのインテリアディテールも魅力的です。
これらのボディ、インテリアを搭載するフレームはパイプで構成された形状をしっかりと再現。
トーションバータイプのフロントサスペンションやリヤの足回りもメカニカル。
そして、エンジンはフロントにV型8気筒を補器類までモデル化して搭載します。
フロントのボンネットは完成後も開閉可能。
アメリカのカスタムカー文化が味わえる魅力のマシンです。
また、このキットにはゴム動力で回転するディスプレイスタンドのパーツも入っています。
オートラマなどのショー会場をイメージしたディスプレイも楽しいでしょう。

■カスタムカー、タイガー・シャーク・ショーロッドを1/25スケールで再現
■エンジン、シャシー、サスペンションなど、フルディテールでモデル化
■モデルでも左右非対称のデザインが施されたボディは正確にそのデザインを表現
■近未来的なコクピットのインテリアディテールもモデル化
■ボディ、インテリアを搭載するフレームはパイプで構成された形状をしっかりと再現
■エンジンはフロントにV型8気筒を補器類までモデル化され、フロントのボンネットは完成後も開閉可能
■ゴム動力で回転するディスプレイスタンドのパーツも入り
組立ガイド
商品コード:
MPC876
シリーズ:
発売日:
2018年09月
パッケージサイズ:
未定
メーカー:

MPC

この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
の商品
こちらと似た商品