1/72 WW.II ドイツ軍 パンターG スチール転輪 赤外線暗視装置付き

by  ドラゴン
商品解説
プラスチック製 軍用車輌モデル 組み立てキット   サイズ表を見る
暗視装置のメカニカルなディテールが1/72でも魅力

【実車について】
第二次世界大戦では様々な機械的な兵器や電子機器などの技術がすさまじい勢いで進化、発展を遂げました。
各種技術の中でレーダーなどの電子機器の発展も見逃すことができません。
飛行機や艦船はレーダーの装備で索敵能力や夜間戦闘能力を飛躍的に高めました。
陸上の戦闘でも第二次大戦末期には夜間戦闘能力を高めるために赤外線暗視装置が開発、実戦配備されたのです。
ドイツでは1936年にAEG社とツァイス社によって開発がはじめられ、1939年にプロトタイプが完成。
1942年にはZG1221ビュアーと赤外線ヘッドランプを組み合わせたユニットが作られました。
さらに、1941年に開発され、42年から45年まで使用されたのがカールツァイスのFG1250赤外線暗視デバイスです。
これらのユニットはパンター戦車に搭載され実用化。
世界で最初に実用化された暗視装置として知られているのです。

【モデルについて】
モデルは第二次大戦のドイツ軍主力戦車、パンターGを1/72スケールで再現したプラスチックモデル組み立てキットです。
ドラゴンの傑作キットに、赤外線暗視装置のパーツをセット。
赤外線暗視装置は3Dプリントパーツで本体はもちろんマウントパーツもそのディテールをしっかりとモデル化。
3セットが用意され、それぞれ砲塔の車長用キューポラ、主砲防盾、ドライバーハッチ前の各ポジションに取り付け可能。
防盾や車体前部に取り付ける暗視装置の取り付けベースはエッチングパーツをセットしています。
車体はパンター戦車G型のスチール転輪装備車両をモデル化。
足回りのイメージを特徴づけるスチール転輪の形をしっかりと再現しています。
車体や砲塔の形状も正確。
砲身はマズルブレーキも一体で再現。
履帯も一体のベルト式を使用し組み立ても手軽です。
赤外線暗視装置がメカニカルな1台はミリタリーファンに見逃せません。

■1/72でパンターG型スチール転輪タイプを再現
■3Dプリントパーツで赤外線暗視装置の本体とマウントをモデル化
■履帯は一体のベルト式を採用

完成時サイズ
全長約110mm

*組み立てにはプラスチックモデル用工具をご用意ください。
*塗装はプラスチックモデル用をご使用下さい。 
組立ガイド
商品コード:
DRA7697
シリーズ:
1/72 アーマーPRO
発売日:
パッケージサイズ:
未定
メーカー:

ドラゴン

オーダーストップ

この商品は11月29日ごろ発売予定です。
発売時に在庫の余裕があれば再び受注を致します。
ご了承ください。


希望価格:
¥4,070 (税込)
HLJ価格:
¥3,256 (税込)
値引き:
¥814
HLJ
 ポイント:

¥0
 
この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
こちらと似た商品
ドラゴン の商品