在庫あり

飛行機模型スペシャル No.32

by モデルアート

¥2,178 (税込)

お一人様 4 個まで

残り4個の在庫です。早めの注文を!

商品解説

エアクラフトモデル関連書籍


特集:ザ・スパイプレーン~戦略偵察機の系譜

偵察…相手の情報を秘かに行動し収集すること。
気球が開発された18世紀末には、それを使った空からの偵察が始められている。
飛行機が登場するとその行動力の広さから、敵地へ侵入して情報を得ようと躍起になった。
二度の世界大戦で航空機は飛躍的に発達するわけだが、それは『より速く、より高く、より遠く』
を目指しての、各国の開発研究の賜物であった。
中でも偵察専用機として開発された大日本帝国陸軍の九七式司令部偵察機とその後継機である
百式司令部偵察機は、戦後の戦略偵察機開発に大きな影響を与えた。
戦後、東西冷戦期になるとジェット、ロケットといった新しい動力源が急発達。
また、レーダーや電子関係の発達もあり「偵察」の方法は多様化していく。
人工衛星を使い宇宙からの偵察もその一つ。しかし偵察は「より正確」さが求められるため、
航空機による偵察は欠くことの出来ないファクターであった。
そんな中に登場したアメリカのU-2やSR-71はその頂点に立つ存在であった。
次号、飛行機模型スペシャル№32では、
「戦術偵察機」「戦略偵察機」「電子偵察機」に大別される「偵察機」の中から
「戦略偵察機」にスポットを当て、その系譜を辿ってみます。

【作例】
九七式司令部偵察機一型  ファインモールド1/48
百式司令部偵察機Ⅲ型   タミヤ1/48
E.E.キャンベラPR.9    エアフィックス1/48
U-2Dドラゴンレディ    AFVクラブ1/48
M-21マザーグース&D-21  ハセガワ1/72
MiG-25RBTフォックスバットB ICM1/72
M-55ミスティックB    モデルズビット1/72
RQ-4Bグローバルホーク  キネティック1/48

解説
戦略偵察機の系譜
塗装とマーキング集

★ニューキットセレクション
ファインモールド1/72 F-4EJファントムⅡ

●好評連載
モデリングJASDF~見たい・撮りたい・作りたい!~
TOMCAT SQUADRONS
綿湯同院 ~What are you doing?~

判型:A4判
128ページ

製品仕様

追加しました。
カートに追加できませんでした。