絶版

1/35 ボストーク-1P (スプートニク4号)w/インテリア

by レッド・アイアン・モデルズ

¥26,312 (税込) 参考価格:¥32,890 値引き: ¥6,578

商品解説

宇宙関係の模型です。


ロシアの人工衛星模型メーカーのレッド・アイアン・モデルズからマルチマテリアルキットの1/35 スケール ボストーク-1P (スプートニク4号)w/インテリアが発売
このキットにはレジン製本体にエッチングパーツとワイヤーが付属しています。

※キットは完成すると全長約13cmとなります。

スプートニク4号(露:Спутник-4)は1960年にソビエト連邦が無人で打ち上げた宇宙船です。
ボストーク計画での有人飛行の前段階として、生命維持装置の検証や宇宙飛行が生物に与える影響の調査、大気圏突入の実験を行うことが目的でした。
そのために宇宙船内には生命維持装置やテレビジョン装置、人形などが乗せられていました。
また地上との通信実験を行う目的で、宇宙船はテレメトリー以外に録音された人間の声も送信しました。
地上への帰還に必要な耐熱シールドは開発が間に合わなかったため、ミッション終了後は大気圏に突入させて廃棄する計画でした。
1960年5月15日にバイコヌール宇宙基地からボストークロケットによって打ち上げられ、宇宙船は予定通り4日間の飛行を終えました。
その後地球へ帰還するための逆噴射エンジンの点火には成功しましたが、姿勢制御装置に異常が起きたため大気圏再突入は失敗しました。
宇宙船はしばらく地球周回軌道にとどまった後、地球大気の抵抗による軌道の縮小のために1962年9月5日に大気圏に突入し機体の大部分は大気の断熱圧縮の熱で燃え尽きましたが、いくつかの金属片がアメリカ合衆国のウィスコンシン州マニトワックの市街地に落下しました。

※メーカー都合により入荷予定月と実際の商品仕様が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

製品仕様

追加しました。
カートに追加できませんでした。