1/35 MM アメリカ戦車 M4A3E8 シャーマン イージーエイト (朝鮮戦争)

by  タミヤ
商品解説
プラスチック製 軍用車輌モデル 組み立てキット   サイズ表を見る
全長=215 mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

【 戦場を威嚇する、赤い悪魔のマーキング 】
第二次大戦中のM4シャーマン戦車の最終型となったのがM4A3E8イージーエイトです。
防御力を向上させた後期型の溶接車体にV型8気筒ガソリンエンジンを搭載。
水平懸架式サスペンション(HVSS)と幅の広い履帯による高い走行性能や、76mm砲の優れた対戦車戦闘能力を活かして連合軍の勝利に貢献しました。
そして戦後も細部に改良を加えながら引き続きアメリカ軍に使用され、1950年に勃発した朝鮮戦争でも北朝鮮のT34/85に対抗して出動。
練度の高い乗員と高速徹甲弾の多用により威力を発揮し、1953年の停戦まで奮戦しました。
なお1951年の漢江沿いの戦いでは、中国義勇軍に対する心理作戦として、車体や砲塔の前面に猛々しい虎や悪魔の顔などを大きく描いた車輌も見られました。

【 模型要目 】
M4A3E8を朝鮮戦争時の姿で再現したプラスチックモデル組み立てキットです。
★1/35スケール、全長215mm、全幅86mm。
★各部に改良が加えられた迫力ある姿を実感豊かにモデル化。
★防盾のキャンバスカバーも立体感十分。
★後期型のディフレクター、改修されたエンジンデッキやトラベリングロック、車外電話ボックス、ファーストエイドキットなども繊細な仕上がり。
★幅広ダブルピンのT80型履帯は手軽でリアルなベルト式。
★M2重機関銃の銃架と銃身取り付け部はスライド金型を使用した別部品で構成。
再現性と組み立てやすさを両立させました。
★コマンダーとローダーの半身像2体、赤い悪魔の顔で知られる第89戦車大隊"Rice's Red Devils"所属車などデカール2種類付き。
★共産軍フィールドカーもセット。
情景製作に使えます。

この車輌は従来の定説では車体前面の基本色がオリーブドラブ、悪魔の目や口が赤とされていました。
しかしアメリカの軍事研究家David Doyle氏の協力により入手したカラー写真では、車体前面がレッドで目や口は黒。
このモデルはその考証に基づいた仕様を再現しました。

・各部に改良が加えられた迫力ある姿を実感豊かにモデル化。
・赤い悪魔の顔で知られる第89戦車大隊所属車などのデカールをセット。
・コマンダーとローダーの半身像が臨場感を高めます。
ローダーの頭部はヘルメットと防寒帽の選択式。
・M2重機関銃の銃架と銃身取り付け部はスライド金型を使用した別部品で構成しました。
・朝鮮戦争時のM4A3E8の特徴である防盾のキャンバスカバーも立体感あふれる仕上がり。
・幅広ダブルピンのT80型スチール履帯は手軽でリアルなベルト式で再現しました。
・後期型ディフレクターや車外電話ボックスもシャープなモールドで細部を引き締めます。
・情景に使える共産軍フィールドカーもセットしました。

(タミヤ ウェブサイトより)
組立ガイド
商品コード:
TAM35359
シリーズ:
ミリタリーミニチュア
発売日:
2018年02月
パッケージサイズ:
35.2 x 20.0 x 7.4 cm / 570g
メーカー:

タミヤ

この商品をお買い上げのお客様が選ばれた商品
ミリタリーミニチュア の商品
こちらと似た商品
タミヤ の商品